アイキララ 成分

「アイキララ」の成分

目の下の悩みにアプローチしてくれるアイクリーム「アイキララ」には、どんな成分が配合されているのでしょうか。
早速、調べてみました。

 

アイキララに含まれている成分全て公開!!

・水

・DPG

自然の食物から作られた成分。さまざまな化粧品に使用されている。
保湿力が高い。

・コメヌカ油

肌を整えることに優れている成分。
肌を乾燥から守る働きがある。

・パルミチン酸エチルヘキシル

液体の油性成分。皮膚刺激が少なく、皮膚に柔軟性を与える働きがある。

・グリセリン

保湿成分として配合される。アンチエイジングにも良い。

・ベヘニルアルコール

なたね油から取れるアルコール。肌荒れ防止の目的で配合されることが多い。

・トリエチルヘキサノイン

肌になじみやすい油剤。肌を滑らかに整える。

・ステアリン酸

飽和脂肪酸の一つ。抗酸化作用、保湿効果がある。

・ステアリン酸グリセリル

天然由来の合成界面活性剤で、乳化剤として配合される。
肌に柔軟性と潤いを与える。

・セテス-25

合成界面活性剤。化粧品には乳化剤として配合される。

・ミリスチル3-グリセルアスコルビン酸

ビタミンC誘導体。コラーゲンの生成を促して、保湿する。
高いメラニン抑制作用も持つ。

・パルミトイルテトラペプチド-7

コラーゲンの生成に働きかけて、シワを予防・改善する。ハリのある肌に整える。

・パルミトイルテトラペプチド-1

保湿効果があり、肌に弾力を与える。

・クリシン

皮膚コンディショニング剤として配合される。抗炎症作用がある。

・N-ヒドロキシコハク酸イミド

皮膚コンディショニング剤として配合される。

・ステアレス-20

合成界面活性剤。

・グルコン酸クロルヘキシジン

殺菌、防腐作用があり、皮膚殺菌消毒剤などに配合される。

・アンズ核油

アンズの種子から抽出した油脂。免疫強化や肌に栄養を与えるのに重要なオイル。

・アボカド油

アボカドの実から取れる油脂。皮膚への柔軟性に優れ、肌に浸透しやすい。
肌に潤いを与える。

・カニナバラ果実油

ローズヒップの果実から取れる油脂。ビタミンCなど抗酸化成分を多く含む。
加齢による皮膚の老化を抑え、肌のハリと弾力を保つ。保湿効果もある。

・ヒマワリ種子油

ヒマワリの種子から抽出される油脂。ビタミンEを含み、抗酸化力が強い。保湿効果も高い。
「若返りのオイル」とも呼ばれている。

・ナットウガム

発酵させたダイズの種子から得られるエキス。
保湿作用があり、皮膚の潤いを保つ働きもある。

・BG

アルコールの一種。保湿成分として配合される。

・ジメチコン

最も有名なシリコンオイルで、皮膚保護剤として配合される。
水や油に強く、保湿効果が高い。

・トコフェロール

若返りのビタミンと呼ばれるビタミンE。強い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ。
血行を促す働きもあり、肌のターンオーバーを促進する。肌を健康に保つ。

・コレステロール

皮膚コンディショニング剤として配合される。保湿効果と柔軟効果を持つ。
肌の表面に膜を作り、キメを整える。肌にハリを与える効果もある。

・シア脂

天然由来の植物性油脂。シアバターの名で知られる。
保湿力が高く、潤いが持続する。肌を乾燥から守る働きもある。

・エチルヘキシルグリセリン

消臭作用のある成分。化粧品や頭皮の洗浄剤などに配合される。

・カプリル酸グリセリル

大豆などの植物性油脂由来の界面活性剤。抗菌・防腐効果がある。

 

 

アイキララ成分

成分を調べてみると、目の下の悩みを改善するために必要なビタミンCやビタミンE、肌にハリと弾力を与えてくれる成分がたっぷり含まれています。植物由来・天然由来と肌に優しい成分で作られているので、安心して使用できますね。

 

朝晩2回、目元にクリームを塗るだけの「アイキララ」を毎日のケアにプラスして、明るい目元を取り戻してみてはいかがですか?!