アイキララ クマ

「アイキララ」はどのタイプのクマにも有効?

 

目の下の悩みと言えばクマですよね。

 

「アイキララ」は、目の下の悩みに特化したクリームですが、どのタイプのクマでも改善されるのでしょうか?!

 

目の下のクマに種類があるって、知ってましたか?

 

種類によって対策も変わってくるんですよね。

 

クマの原因や対策から、「アイキララ」が有効なのかを見ていきます。

目の下のクマの種類と原因・対策

・茶クマ・・・目尻を優しく横に引いた時、変化が無いクマ

(原因)

目をこすった時の刺激や日焼けのダメージによるシミなどの色素沈着が原因です。

(対策)

美白成分を配合した化粧品でのケアが有効です。
ピーリングでターンオーバーを正常にすると、美白化粧品が浸透しやすくなります。
ビタミンCを積極的に摂るのも有効です。

 

・黒クマ・・・上を向いた時に、薄くなるクマ

(原因)

加齢などにより肌の張りが失われると、目の下がたるんでしまいます。たるんでしまったことで黒い影が出来るのが原因です。

(対策)

コラーゲンを増やし、ハリと弾力を戻すためのアンチエイジングケアが有効です。
顔がむくむとさらに目立つため、利尿作用のある食品を摂る・冷たい飲み物を控えるなどして、むくみを予防・改善するのも大切です。

 

・青クマ・・・目尻を優しく横に引いた時、薄くなるクマ

(原因)

血行不良や鉄欠乏が原因です。寝不足、眼精疲労などの影響でうっ血した血液が、薄くなってしまった皮膚から透けて見えている状態です。

(対策)

コラーゲンを増やすため、レチノール配合の化粧品でのケアとビタミンC誘導体配合の化粧水などの使用が有効です。
定期的なピーリングもターンオーバーが活発になり、コラーゲンを増やす助けになります。
また、血行を改善するために適度な運動やマッサージもおすすめです。

 

アイキララ

今までクマ対策をしても効果が無かった方は、自分のクマがどのタイプなのかを確認して、それに合った対策をしていくと改善されるのでは?!

「アイキララ」がおすすめなタイプ

 

目の下のクマの原因や対策をタイプ別に見てきましたが、「アイキララ」はどのタイプにおすすめなのでしょう。

 

「アイキララ」は、目の下の皮膚痩せに着目したクリームです。

 

そうなると、皮膚痩せによって皮膚がたるみ影ができてしまう黒クマ、皮膚痩せによって皮膚が薄くなり血液が透けて見える青クマ、この2つのタイプにはピッタリといえますね。また、メラニンの生成を抑制してくれる成分も配合されているので、茶クマの原因となる新たなシミの予防にも期待できそうです。

 

 

クマ改善には、外側からのセルフケアももちろん大切です。しかし、根本的に改善するには内側からの働きがけも不可欠です。目の下に塗るだけで、内側からしっかりサポートしてくれる「アイキララ」を毎日のケアに取り入れて、長年の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。