アイキララ まぶたのたるみ

まぶたのたるみに悩んでいる方必見、アイキララに注目!!

 

目の下のクマやたるみと同様にまぶたのたるみに悩む方も多いのではないでしょうか。

 

人の第一印象は目元で決まります!!と言っても言い過ぎではないでしょう。

 

まぶたがたるんでいると、暗く見られたり、やる気が無さそうにみられたりしてしまいます。

 

目の下用のアイショットクリーム『アイキララ』で、まぶたのたるみも改善できるのでしょうか。

まぶたがたるむ原因と対策

 

加齢

・・・・・年齢とともにコラーゲンが不足するため、肌のハリが保てなくなる。また、目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えると、皮膚を支えられなくなり、たるんでしまう

 

対策
コラーゲン不足をサポートする化粧品で、保湿ケアをする
目の周りの筋トレをする

 

 

乾燥

・・・・・・まぶたの皮膚は非常に薄いため、紫外線などのダメージを受けやすい
ダメージにより乾燥すると、肌はハリを失い、皮膚を支えきれなくなる

 

対策
皮膚に紫外線があたらないように、しっかり隠す
日焼け止めのクリーム等は、まぶたにも忘れずに塗る

 

 

目のこすりすぎ

・・・・・まぶたの皮膚は弱いため、こするとかなり負担がかかる
こすった時に生じる刺激は、肌の老化を進める原因になる

 

対策
目がかゆいときは、こすらず目薬で対応
アイメイクをする時に、皮膚を引っ張らない
アイメイクを落とす時は、ゴシゴシとこすらず目元専用クレンジングで優しく落とす

 

 

目の疲れ

・・・目を酷使するなど、生活習慣も原因
目の周りに老廃物などがたまることにより、たるんでしまう

 

対策
パソコンやスマホの使いすぎに注意する。画面を長時間見続けていると、無表情になり、まばたきの回数も減ってしまう。それにより、目の周りの筋肉が衰えてしまう。

まぶたのたるみは危険

 

まぶたのたるみは、早いうちから対策しておかないと進行してしまいますよ。まぶたのたるみが進行すると、危険な症状の原因となってしまうのです。

 

肩こり・頭痛などを引き起こす原因となる

 

額の深いシワの原因となる

 

まぶたがたるむと、視界は狭くなってしまいます。そのため、何かを見ようとする時に、目を大きく見開こうとします。目を見開く行為が、額のシワの原因になるんですね。

 

さらに、目を見開くことはまぶたの裏にあるミュラー筋を緊張状態にさせてしまいます。

 

アイキララ

*ミュラー筋とは、瞼(まぶた)を持ち上げる筋肉のことです。瞼(まぶた)の裏側にあるので鍛える事が出来ません。よって顔がたるんでいる状態でこの筋肉を動かし、ミュラー筋が伸びると顔のシワやタルミの問題を超えて、生活に支障が出る眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)の疾患に移行する場合もあります。

 

 

頭皮とつながるミュラー筋が、緊張すると、頭皮だけでなく、頭皮とつながる首や肩にまで負担がかかってしまうのです。これにより、頑固な肩こりや頭痛を引き起こしてしまうので危険なのです。

まぶたのたるみで悩まない

 

まぶたのたるみも、目の下のたるみと同じくコラーゲン不足や乾燥が原因です。

 

コラーゲン不足に着目したアイキララは、まぶたのたるみも改善できそうですね。

 

目の下だけでなく、一緒にまぶたもケアしてあげれば、目元も明るくなります。

 

第一印象もパッと明るく変わるかもしれませんよ!!